花粉症と風邪の違いは?咳が止まらない!

花粉症でも実は、咳が出たりします。

花粉が喉に付着したり、アレルギーで炎症を起こして
咳を引き起こしてしまうのです。

ただ、これは体質によるもので
花粉症の人全員が咳が出るわけではないので

必ずしも花粉症が原因とも言い切れません。

その他の症状もあわせて
風邪か花粉症かの基本的なチェックをしてみましょう。

【風邪の場合】

・鼻水は黄色っぽく粘り気がある
・微熱~高熱
・のどの痛み(つばを飲み込んだら痛いなど)
・痰が絡んだような咳

【花粉症の場合】

・鼻水はさらさら水っぽい
・平熱~微熱
・目がかゆい
・皮膚がかゆいことも
・ゴッホゴッホと咳が止まらなくなることも

?

花粉症による咳の原因は、

・花粉が喉に付着して炎症を起こす
・鼻づまりによる口呼吸で喉が乾燥するため炎症を起こす

なのがあげられます。

花粉がのどに付着してアレルギーを起こす場合
喘息と同じような症状になることがあります。

特徴としては、夜、特に深夜に呼吸が苦しくて
眠れないくらい咳が出ることもあったり。

風邪薬の咳止めでは効かないのが
見分けるポイントです。

最初は花粉症でも、放っておくと
本当の喘息になってしまうこともあるので

咳が止まらない、ひどい場合には
呼吸器系の病院を受診しましょう。

花粉症で夜間に特に咳がひどい場合の対処法

就寝時や深夜に特にひどくなるのが
花粉症などのアレルギー性の咳。

いくつか対処法をご紹介しますので
試してみてくださいね。

①空気清浄機で夜間も花粉を取り除く。

とにかく寝室の空気中の花粉を減らすこと!

寝る少し前から付けて、しっかりと部屋の中の花粉を
取り除きます。

②加湿器で喉を乾燥させない。

喉の乾燥が特に喉を傷めて咳を発生させてしまいます。

空気中の花粉も湿度が高いと
水分に付着して落としてくれるので
寝るときには加湿器を出来るだけつけるようにしましょう。

③寝るときもマスクを着用する

これものどの感想を防ぐだけでなく
花粉も防止します。

④うがいで花粉を取り除く

うがいは喉を湿らせるだけでなく、
のどの粘膜に付着した花粉も取り除いてくれます。

寝る前はもちろん、咳が出るときにも
うがいをしましょう。

私がよくやるのは、レモン水でのうがいです。

レモン2個を絞り、水を足してうがいします。

喉がとてもスッキリして、潤います。

⑤鼻をかむ

夜間の就寝時は、体が横になるので
鼻水がのどにおりてたまってしまい
それを取り除こうと咳が出る場合もあります。

また鼻水にはばい菌が多いので
炎症を起こしやすくしてしまいます。

寝る前にも、咳が出るときにも
鼻をしっかりかんでください。
まとめ

まずは花粉症の咳なのか、風邪なのか
原因を知る必要があります。

咳といっても原因によって対処法も異なってくるので

もし咳がひどくて治まらない場合には引用:歯を白くする 歯磨き粉 おすすめ