七五三のお祝い金の相場は?

七五三は内輪のお祝いになるので、お祝いを贈るのは、
身内やごく親しい人ということになりますね。

そして、七五三のお祝い金の相場は、以下のようになります。

近所・知人:3,000円~5,000円
親戚:5,000円~10,000円
祖父母:10,000円~100,000円

地域によって、多少異なりますが、
だいたいこのような感じの金額になっています。

また、祖父母の場合などは、お祝い金として贈るということではなく、
孫が着る衣装を贈ったり、七五三のお祝いに掛かる費用を負担したり、
ということもあります。

そして、親戚の場合でも、このほかに入園のお祝いとか、
入学のお祝いとか、いろいろとお祝いごとがあったりするので、
七五三のお祝いはしないということもありますね。

上記の金額はあくまでも一般的なお祝い金の相場ということなので、
それを踏まえて、ご家族で相談してみるとよいでしょう。
七五三のお祝いを贈る時期は?

それでは、七五三のお祝いはいつまでに贈ればよいのでしょうか。

七五三のお祝いは、11月の初めから11月15日までに
贈るのが一般的ですね。

ただ、七五三のお祝いをするという気持ちが
一番大切なことなので、少しくらいお祝いが
遅れてしまっても大丈夫ですよ^^
七五三のお祝いの祝儀袋の表書きの書き方は?

七五三のお祝いの祝儀袋は、のし付きで、
水引は紅白の蝶結びになります。

そして、その祝儀袋の表書きの書き方は、
以下のようになります。

・3歳のお祝い(男女)
「賀御髪置(おんかみおきをがす)」
「御髪置御祝(おんかみおきおいわい)」

・5歳のお祝い(男の子)
「賀御袴着(おんはかまぎをがす)」
「御袴着御祝(おんはかまぎおいわい)」

・7歳のお祝い(女の子)
「賀御帯解(おんおびときをがす)」
「御帯解御祝(おんおびときおいわい)」
まとめ

七五三のお祝い金の相場は、

近所・知人:3,000円~5,000円
親戚:5,000円~10,000円
祖父母:10,000円~100,000円

となります。

この金額を目安にして、同じように七五三のお祝いを贈る
親戚の方や知人の方と相談してみるとよいでしょう。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>産み分けゼリーの日本製商品を比較